安心・信頼のエフペシア

壮年性脱毛の特徴とエフペシアとシリコンシャンプー

製薬会社の調査の中で、20歳から79歳の男性を対象にした薄毛や抜け毛などによる調査を行った結果、約6割以上の人が薄毛や抜け毛で悩んでいる事が解ったと言われています。

薄毛や抜け毛の多くは、頭皮に炎症が生じる、病気や薬の影響、老化、遺伝など色々な原因が在りますが、壮年性脱毛症は幅広い年齢層の中で多く見られる脱毛症だと言われており、毛周期に変化が生じる事で何年もの歳月の中で進行していくのが壮年性脱毛症の特徴です。

壮年性脱毛症は毛髪の軟毛化と毛包のミニチュア化の2つが同時に起こる事で脱毛症を引き起こすもので、毛髪の軟毛化では成長期に入る毛量が減少し、細い毛が増加すると同時に抜け毛も増加する事になり、毛包のミニチュア化と言うのは成長期に入る毛包が成長を行う事が出来なくなり、早期の段階で退行期や休止期に移行し、毛包自体が小さくなるという現象が生じる事になります。

壮年性脱毛症はエフペシアなどの医薬品を投与することでヘアサイクルを元通りにし、毛髪の軟毛化と毛包のミニチュア化の症状を抑制させ発毛を期待することが出来るようになります。

因みに、エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、男性型脱毛症の特効薬としても知られている医薬品になります。

所で、洗髪を行う時のシャンプーにシリコンが含まれているものと含まれていない物が在ります。
シリコンは髪の毛や頭皮をコーティングすることで手触りを良くすると言う効果を期待することが出来るのですが、シリコンが入っている事で強力な洗浄成分によりキューティクルが破壊される事も在れば、頭皮にダメージを与えてしまう恐れも在りますし、シャンプーは綺麗に流し切れない状態になると頭皮の環境を悪くするなどの理由から、薄毛対策にはノンシリコンタイプが良いと言われているのです。

エフペシア関連記事