安心・信頼のエフペシア

飲むだけで良いエフペシア

エフペシアの箱 エフペシアで薄毛対策をすすめる
▲エフペシアで改善していきましょう
AGAは男性特有の脱毛症であり、永続的に進行する症状になります。発症する年齢は人それぞれですが、発症した時点で脱毛、髪の毛の成長の阻害がはじまり、徐々に進行することで薄毛になります。AGAは男性ホルモンによる影響で発症し、主に前頭部と頭頂部が薄くなるとされています。AGAの原因となる男性ホルモンは髪の毛の成長を阻害し、ヘアサイクルを狂わせ、抜け毛を増やすため、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制しなければ、薄毛は進行する一方になります。2016年現在、男性ホルモンを抑制する方法は限られ、主に医薬品の服用による抑制になっています。男性ホルモンを抑制する医薬品として有名なのはプロペシアという医薬品になりますが、AGAは長期的な治療が必要になるため、ある程度の支出が必要なプロペシアは経済的に負担となる可能性があります。そのためプロペシアと同等の効果を持ちながら、ジェネリック医薬品であるエフペシアなどが広く用いられるようになり、薄毛の男性のために世界中で販売されました。エフペシアがAGA対策に人気のある理由は効果の高さ、価格の安さだけでなく、使用が容易なことになります。エフペシアは錠剤の医薬品であり、飲むだけで脱毛を抑制する効果があるため、支障なく毎日使用することが可能になっています。エフペシアには脱毛抑制の有効成分であるフィナステリドが一錠につき1mg含有されています。1mgが一日に推奨される容量であり、エフペシアを一日一錠飲用することが、AGAの治療において最適とされています。エフペシアは服用する時間帯など、ある程度自由にはなっていますが、容量の制限を超えて服用することで副作用が出やすくなる可能性があるため、使用を続ける際には一日の容量を守る必要があります。

エフペシアは根気強く使うべき

エフペシアの錠剤エフペシアは、インドの製薬会社が製造し、有効成分としてフィナステリドが含有されている医薬品です。フィナステリドには男性型脱毛症(AGA)が原因で起こっている薄毛の進行をとめる効果と、前立腺肥大症が原因で起こっている諸症状を緩和させる効果があります。しかし、1錠あたりの含有量が多くて1.0mgと少ないため、前立腺肥大症の治療薬としてよりは、AGAの治療を目的として手にする人のほうが多いです。AGAの患者がエフペシアを手にする際には留意しておかなければならない点が2つあります。1つ目は、エフペシアには即効性が無いということです。薬を買う場合はすぐ効き目が出るものを選んで購入しがちですが、AGA治療薬の中には即効性のある製品はありません。エフペシアの効果は、早い人であれば服用を開始してから3ヶ月程度で目で確認できるようになりますが、大抵の人は6ヶ月程度経った頃にならなければ効果がわかるようにはなりません。日本で製造されているフィナステリド含有薬のプロペシアの場合、添付文書に効果が確認できるまでは最低でも6ヶ月間の連続投与が必要である旨の文章が記載されていますが、エフペシアを服用する場合も同様に、服用を開始したらまず6ヶ月間は服用を継続してみて効果が出るかどうかを確認する必要があるでしょう。2つ目の留意点は、エフペシアの効果があらわれても、その状態を維持するために薬の服用は続けなければならないということです。AGAは一度発症すると生涯つきあっていかなければならないといわれており、エフペシアの効果が出て薄毛の進行が著しく遅くなったのを良しとして服用をやめてしまうと、再び5α還元酵素の活動が活発化してAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンが多く作られるようになっていくからです。上記のような点に留意する必要があるエフペシアは、根気強く使用しなければならない医薬品といえるでしょう。

エフペシアをどこで購入したら良い?

エフペシアをどこで購入するか悩む男性エフペシアは、インドの大手製薬会社が販売している男性型脱毛症(AGA)治療薬の一つで、有効成分としてフィナステリドが配合されています。フィナステリド含有のAGA治療薬としては、日本では2005年12月にプロペシアと呼ばれる医薬品が厚生労働省からの承認を経て販売されており、2015年4月以降からはこの後発医薬品にあたる製品が続々と販売が開始されていますが、エフペシアは国内で販売されているどのAGA治療薬よりも安い価格となっているのが魅力です。しかし、日本国内ではエフペシアは厚生労働省から製造販売が承認されていないため、手に入れることはできません。日本からこの医薬品を購入する場合は、個人輸入代行業者が運営している医薬品の通販サイトで注文をする必要があります。外国製の医薬品であるエフペシアを取り扱っている通販サイトはたくさんあるため、注文先を見つけるのに困ることはまずないでしょう。しかし、注文先をどこにすべきかは慎重に考える必要があります。その理由は、外国製医薬品を購入する際には常に偽物の製品を掴むリスクがあるためです。偽物の医薬品を手にして服用してしまうと、製造元で想定している作用が十分にあらわれなかったり、全然別の作用があらわれることによって、健康被害を受けるおそれがあります。日本では、国内で販売されている医薬品によって健康被害が生じた場合は健康被害救済制度によって救済されますが、外国製医薬品の使用によって健康を害しても救済の対象にはならず、すべて自己責任で対処しなければなりません。エフペシアの購入先は、利用しているユーザーの数が多く、口コミなどで運営について評判が良いサイトや、成分鑑定書が掲載されているサイト利用規約が細かく記載されているサイトから選ぶようにすれば、品質に問題のあるものを手にしてしまう可能性は殆どないでしょう。

■エフペシア等のAGA治療薬が気になる方はこちら
デュタステリド
■エフペシアの基になっているAGA治療薬が欲しいなら
プロペシアの通販

エフペシア関連記事